• Home >
  • 歯科用CTによる撮影・診断
歯科用CTによる撮影・診断
ファインキューブ
▲CT・ヨシダファインキューブ

表参道インプラントセンターでは歯科用CTを導入しております。正確な診断と安全確実なインプラント治療のために、歯を支えている周りの骨の状態を知ることは大切です。インプラント治療にCT検査はかかせません。

今まで、患者さまご自身に大学病院や大型総合病院などのCTがある施設まで通っていただく必要がありました。

装置も医科用も大型のもので圧迫感があり、またデータ解析にも時間を要していたことから、どうしても気軽に撮影できず、患者さまにも少なからずご負担がかかっていました。

そのような考えから、院内に歯科用CTを導入いたしました。術前・術中・術後の撮影を行い、早期診査・診断、トラブルへの即時対応を可能にいたします。

医科用CTよりも精度が高く、即座にシミュレーションが可能で、通常のレントゲン撮影と同じ感覚で座ったまま気軽に撮影することができます。

3次元画像で視覚的にご理解いただけます

顎の骨
▲3D画像で立体的に把握

CT画像は、アゴの骨の立体的な形態や、神経の位置把握、さらに骨密度の診査などに利用されます。治療を行う前だけではなく、治療終了後にも撮影を行い状態を確認します。

インプラント治療の他、歯周病・矯正治療・その他外科処置の検査においてより安全性の高い治療を行うために有効な検査方法として診断に用いております。

撮影した画像は、実際にパソコンの画面で3D画像としてお見せすることができます。

術前シミュレーションとして患者様へのご説明も、画面上で分かりやすく行うことが可能です。
術者にとっても、患者さまにとっても視覚的に分かりやすく、イメージしやすいシステムといえます。

インプラントについての無料相談を受け付けております。

ページ先頭へ戻る