前歯の審美インプラント 症例

当院での“審美インプラント”ケース

審美インプラント 術前BEFORE-AFTER審美インプラント 術後

審美インプラント 術前BEFORE-AFTER審美インプラント 術後

右上1番にインプラントを希望、左上1もセラミックにて審美治療を希望された患者さまです。
審美インプラントとオールセラミッククラウンのコンビネーションケースとなりました。

この症例のポイント

歯ぐきのボリュームの成熟とコントロール

審美インプラント 術前BEFORE-AFTER審美インプラント 術後

最終的なフィニッシュのセラミック歯と歯ぐきの境目をなるべくきれいに見せたいと考え、インプラント埋入後は、仮歯(TEK)にて歯ぐきのボリュームの成熟および、コントロールを行っています。

技工物の精度の高さ

インプラント 技工インプラント 技工

より自然な色合い、左右対称(シンメトリー)となるように。歯の先部分の透過部(マメロン)、今回の一番のポイントとなる立ち上がりのカーブ(右写真)。このカーブが最終セット時に歯ぐきとの境目をよりキレイに見せ、歯間乳頭やスティップリングなどの再生を促進します。

ジルコニアアバットメント・ジルコニアコーピングの使用

ジルコニア アバットメントジルコニア アバットメント

通常のチタンアバットメントやメタルボンドの裏打ちの金属と比べると、より自然な色合いは歴然です。生体親和性もより高く、審美インプラントのケースに土台となるジルコニアセラミックはかかせません。

治療計画

①右上1にノーベル・リプレイス 直径3.5mm×10mm埋入
②TEKにて歯肉の成熟および、コントロールを行った
③口腔内の天然歯をオフィスブリーチ
④インプラントには、ノーベルのジルコニアアバットメント、3Mのラヴァのコーピングを使用
  天然歯には、3Mのラヴァのコーピングを使用
⑤右上1および左上1にオールセラミッククラウンをセット

より審美性の高いこだわりを

理想的な前歯のバランス▲理想的な前歯のバランスただ単に、インプラントを埋入する時代は終わりました。
これからは、いかに見た目を美しく、より本物の歯と同じように見せるか、機能するかがポイントです。お口を開けたとき、笑ったときにいかに自然に見えるかなど、美容の観点からも「スマイルライン・Eライン(エステティック・ライン)」をより美しく見せる治療を計画していきます。

表参道インプラントセンターでは、上にかぶせる上部構造へのこだわりはもちろんのこと、歯肉(歯ぐき)のラインやボリュームのバランスも視野に入れ、インプラント治療を行います。そのための歯肉形成の治療も行い、通院中の見た目も考慮したインプラント治療をご提供しております。

歯の美しさを決める一般的な基準

表参道インプラントセンターでは、「口元のデザイン」の観点から以下のような、一般的にこの割合や比率が美しいと言われている基準を考慮して、インプラント治療だけに限らず、すべての審美治療においてこの基準を考慮し、治療にあたっております。

スマイルライン
▲スマイルライン
笑顔になったときの上顎前歯の先端のライン。このラインが下唇内側ラインに沿っていると笑顔が美しく見えると言われています。
エステティックライン
▲エステティックライン
横顔の鼻と顎の先端を結ぶライン。通称Eラインとも呼びます。ライン上の内側に唇が入ることが理想的と言われています。
ガムライン
▲ガムライン
歯ぐきと歯の境目のライン。このラインが左右対称の曲線だと、その歯は理想的なバランスを持っていると言われています。
ゴールデンプロポーション
▲ゴールデンプロポーション
黄金分割とも呼ばれる理想的なバランスの基準。もっとも美しく、かつバランスが取れた比率は「1.618:1」とされています。

以上はあくまでも一般的な基準であり、それ以外に、その方のお顔の形、生活スタイル、ご要望なども考慮しますので、一概にもすべての方がこの比率や割合になるわけではありません。このようなお口元のデザインを考えて治療している歯科医院は限られております。

以上、審美的なインプラントのケースを数多く行っております。
お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。

お問い合わせ・ご相談 無料カウンセリング予約 無料メール相談 診療予約

ページ先頭へ戻る