• Home >
  • CT撮影による慎重な診断

CT撮影による慎重な診断

CT撮影による慎重な診断▲CTスキャナー「Aquilion™」表参道インプラントセンターのインプラント手術にとって、なくてはならないのが「CT撮影による診査・診断」です。CTスキャナーで撮影すると、3次元での情報が得られ、通常のパノラマレントゲンと比較して、より正確な診査・診断が可能になります。
CT撮影・提携病院:メディカルスキャニング

CT撮影による診査・診断の必要性

表参道インプラントセンターでは、CT撮影による診査・診断をすべての患者さまに行っております。従来のレントゲン撮影だと平面の画像情報しか得られなかったものが、CT撮影することにより、3Dの立体的な画像情報を得ることができます。

インプラントを埋入できるかどうか、骨密度・大きさ・方向など、より正確な診査・診断行うことができ、インプラント治療に対する安全性が高まります。

インプラント歯科医院を選ぶ基準のひとつに、CT撮影による診査・診断を導入しているかは、ひとつの判断基準といえるでしょう。より正確で安全なインプラント治療を行うには、CT撮影による診査・診断はなくてはならないものとして認知度がさらにあがっていくと思われます。

3D画像解析をもとに歯根や歯槽骨の診査診断を行いますので、一方向からしか観察できなかった今までのX線写真とは異なり、歯根や歯槽骨の状態をあらゆる方向から患者さまと共に観察することができます。立体的な3D画像は、患者さまにご自身のお口のなかをより詳しくご理解いただくためにも大変有効です。

インプラント治療や歯周病の骨の再生治療など高度な治療には、CT画像による診査・診断は欠かせません。自分の歯根や歯周病の進行状況を正確に知りたいなどの要望がありましたらお気軽にご相談ください。CT画像による診査・診断を行うことで、従来のX線画像にはない輪切りのスキャン画像を得ることができ、見えなかったものが見えるようになり、より安全で正確性の高い治療を行うことができます。

ページ先頭へ戻る